医薬部外品

化粧をするピンクの服の女性

見た目を左右する肌トラブルには様々なものがありますが、似たようなケースでも原因や進行具合が全く違うという場合があります。
シミは紫外線によってできてしまい、年齢を重ねるごとに濃くおおきくなるという特徴を持っています。
そばかすは生まれつきの遺伝が大きく影響していて、年齢を重ねるごとに薄くなってくるという特徴を持っています。
全く逆の工程を経るものですが、悪化してしまう原因は共通しています。
それは紫外線で、紫外線をたくさん浴びてしまうと濃くなって広範囲に広がりやすくなってしまいます。
そのため、しっかりと紫外線対策を行なって悪化させないというのが得策です。
そして、美白化粧品などでこれらの原因となるメラニンの生成を抑えて、肌のターンオーバーを整えていくケアが有効です。

しみやそばかすが悪化してしまうのは、メラニンが過剰に作られてしまうからです。
メラニンは紫外線を浴びることでも増えてしまいますが、普段のスキンケアでも注意が必要です。
例えば、洗顔です。
ゴシゴシ洗いを続けていると肌に刺激が継続的に加わってしまうため、これを守ろうとメラニンが過剰に作られてしまいます。
また、タオルで水気を拭く時も同様で、ゴシゴシ拭くのは厳禁です。
とにかく、肌に刺激を与えないようにして、メラニンが生成されるのを防ぐというのが重要なポイントです。
また、美白化粧品などを使用して、メラニンが作られるのをブロックしていくのも有効です。
価格帯も広く1000円代の美白系コスメもたくさん売っているので、続けやすく肌質に合ったものでケアするのが大切です。