種類と化粧品

ブルーのアイシャドーの女性

女性の肌の悩みで多いのが、しみやそばかす等の色素沈着です。日頃から、しみの対策として紫外線対策を行っている方も多いようです。
しみといっても、実はいろいろ種類があります。そのしみに合った対処法を行わないと、せっかく対処法を行っても効果がないということがあります。
自分のシミの種類を知ることにより、正しくケアができるようになります。
初期の老人性色素斑には化粧品の効果があります。一番多いしみの種類で、紫外線が原因で起こります。骨格の高い頬骨やその付近などにできやすく、最初は薄いのですがどんどん濃くなっていきます。
しかしながら、時間がたってしまい定着してしまった場合、美白化粧品の効果は期待できません。
早めに対策を行うことが大切です。
また、脂漏性角化症といわれる、皮膚の表面に膨らみがあるしみは、美白化粧品の効果はありません。
レーザー等で対応する必要があります。

美白効果のある化粧品は多く販売されています。
しみは肌のターンオーバーがうまくいかずに、表皮に残ったメラニン色素が残り、次々とシミが作られていきます。
美白成分はこの残ったメラニン色素が作られる過程を阻害することにより、しみを防いでいきます。
美白化粧品は肌を白くするという働きよりも、メラニンの生成を抑えるものと考えていたほうがいいでしょう。
しかしながら、抗炎症作用等で炎症の黒ずみに効く成分もあるので、その場合は炎症による黒ずみにも効果を発揮します。

しみとそばかすは非常によく似ています。
そばかすは思春期にでき始めて、紫外線等の影響で広く濃くなります。
そばかすは、遺伝的な要素が強く、色白な人に多くできやすいようです。
美白化粧品で、メラニンの生成を抑えて薄くしていくことが可能です。
しかし、遺伝的な要素が強いので、完全に消すことは化粧品だけでは難しいことがあります。